韓国、台湾、中国、東南アジア専門ランドオペレーター

韓国、台湾、香港・マカオ、東南アジアの現地手配・ランドオペレーター 

TEL.03-3831-4295 FAX 03-5812-7085 


〒110-0016 東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F 

(株) HMC 東京都知事登録旅行業第2-3609号 

東南アジア

韓国Qコード登録不要7/15~ フィリピンワクチン証明書提示に継続のお知らせ

【韓国】 Qコード登録廃止のお知らせ

Q-CODEですが、7/15以降登録が廃止となりました。

登録の代わりとされていた黄色い紙(健康状態調査票)の記入も不要となります。

但し、入国時に熱があるなど体調に問題がある場合は入国時に検疫官に申告が必要です。

これで入国へのハードルが1つ下がりました。

韓国入国についてのまとめ(7/14現在の情報)

K-ETA =2024年12月まで日本国籍の人は免除(E/Dカードの記入は必要です)

Q—CDDE=7/15~登録不要

税関申告書 =未申告の方は記入不要

【フィリピン】ワクチン証明書提示継続

7/14現在、フィリピン入国にはワクチン2回以上接種した海外渡航用の証明書が必要となります。

(1回以下の方は出発前24時間以内の陰性証明書が必要です)

ETravelの登録 E/Dカードに代わるものです。フィリピン到着前の3日(または72時間)前から登録可能です。
Trazeの登録  接触追跡アプリです。出発前にダウンロードが必要です。

日本帰国時について

Visit Japan Web=登録すると帰国の手続きがスムーズに行えます。

(未登録の場合、税関申告書記載が必要です。)

ターンテーブルで荷物を受け取ったあと

Visit Japan Web登録済=専用レーンで税関手続き後、終了

Visit Japan Web未登録=有人カウンターにて税関申告書を渡し、申告品がないかチェックを受けます。

登録済みの専用レーンの方が早く手続きが終了するケースが多いようです。

(フライトの到着の時間帯等で状況は変わります)

成田空港の施設使用料が42年ぶりに値上げ 9月1日以降の発券分から ¥2,660→¥3,010

成田空港の国際線利用料が9/1発券分よりより値上げになります。

 08/31まで ¥2,660(施設使用用¥2,130+保安サービス料¥530)

 09/01より ¥3,010 (施設使用用¥2,460+保安サービス料¥550)

※成田空港第1、第2ターミナルの場合。大人料金。

 

9/7(水)より日本帰国の陰性証明書が免除となりました。(ワクチン3回接種の方のみ)

9/7(水)日本帰国より、ワクチン3回の接種証明書(英文)を取得すれば、陰性証明書は免除となります。
(ワクチン2回以下のお客様は、これまで通り帰国便72時間前に検査した陰性証明書が必要となります。)

ベトナム・タイ・韓国・台湾からご帰国のお客様
現地でのコロナ検査の予約代行や送迎や通訳等ガイドサポート可能です。
お問い合わせ下さい。

 

tour@handmadetour.jp

FAX:03-5812-7085

カンボジア入国VISAについて(2019年11月現在)

現行のカンボジア入国VISAに関して、下記ご連絡申し上げます。2019年11月現在

☆VISA申請書
必要または不要との情報などいくつか出ておりましたが、正式に廃止されました。
その為、到着時空港でVISA取得の場合は、以下の2点のみで取得可能です。

(必要なもの)
*USドル30.(現金のみ。クレジットカード不可。ご出発前にUSドルをご用意ください。)
*出入国カード(詳細記入のもの。機内で配布されます。)

(不要なもの)
*VISA申請書   *写真

 

 

2020年3月より 『羽田国際線大幅増便』ターミナル名称が変更

【2020年3月より 羽田空港が大幅増便!】それに伴い、ターミナルの名称や駅名が変更となります。

国際線ターミナル→T3(第3ターミナル)に名称変更
国内線専用のT2(第2ターミナル)からも国際線が就航します。

詳しくは下記にてご覧ください。「ハネダが便利に」特設サイト
https://tokyo-haneda-ap.jp/

10月以降発券の成田及び羽田空港利用料の値上げについて

10月以降の発券分が消費税増税に伴い、空港税の値上げが決定しました。

金額は以下の通りとなります。

 

成田空港 現行 ¥2,610→10月発券分より ¥2,660

(子供:¥1,570→¥1,600)

 

羽田空港 現行 ¥2,570→10月発券分より ¥2,610

(子供:¥1,280→¥1,300)

 

その他、10月より値上げ又は空港利用料が新たに新設される空港は下記の通りとなります。

 

KIX(関西)、NGO(中部)、FUK(福岡)、CTS(千歳)、SDJ(仙台)

KKJ(北九州)、SHI(下地島/新設)