アジア専門ランドオペレーター|ハンドメイドツアー

韓国、台湾、香港・マカオ、東南アジアの現地手配・ランドオペレーター 

TEL.03-3831-4295 FAX 03-5812-7085  


〒110-0016 東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F  

(株) HMC 東京都知事登録旅行業第3-3609号 OTOA会員  

平渓天燈祭(台湾)

(写真はイメージです。写真提供: 台湾観光協会)
 旧正月のお祭りの1つ「平渓天燈祭(天燈節)」。
 台北から東、車で1時間程の新北市平渓(ピンシー)郷の小さな山里に、1回約200基の天燈が夜空に一斉に舞う幻想的な光景を見に、毎年、数万と言われる人たちが集まります。度々、日本のメディアにも取り上げられ、特に若い女性を中心に話題を呼んでおります。
 ※「台湾ランタンフェスティバル」とは、別のお祭りです。

夜空に飛ぶスカイ・ランタン「平渓天燈祭」

 気球の原理と同じく作った天燈(テンダン)を上げ、その年の願いを書き込み、夜空に飛ばします。
 夜空に舞い上がる天燈の幻想的な風景に惹かれ、毎年、数万という観光客がこの地を訪れています。
 メイン会場となる平渓郷の十分広場では、毎年、旧正月の15日(元宵節)に開催。その他、2日ほど別会場でも行われています。

2019年は2月19日(火)に開催 台北発着「平渓天燈祭」現地オプショナルツアー

※このサイトは、旅行会社様専用です。
※定員になり次第、締切となります。ご了承ください。
 2019年の旧正月15日(元宵節)は、2月19日(火)です。この日には平渓郷の十分広場での平渓天燈祭が行なわれます。
 台北市内のホテル発着で、平渓天燈祭にご案内いたします。
 当日は、十分は交通規制が引かれてしまうため、公共のシャトルバスを利用して、ガイドがご案内します。

■参加条件
・中学生以上で、体力に自信のある方
 ※当日、行き帰りのバス、会場周辺は、大変な混雑となります。観光には充分な体力が必要です。
・前日、台北市内に滞在していること(当日の台湾入りは不可)
 ※航空券、ホテル、その他の観光等は、別途承ります。ご相談ください。
 (他社で手配していただいても構いませんが、混みあう時期ですのでご注意ください。)
・現地保険加入のため、ご出発の1ヶ月前にはパスポートのコピーをご提出いただきます。

台北市内ホテル発着
料金 参考販売価格 お一人様 13,800円 ※このサイトは、旅行会社様専用です。

最少催行人員 10名様(混載車利用・お申込は1名様から受付可能です)
2019年
2/19
12:00頃(予定)
台北市内のレオフー(六福)、コスモス(天成)、ゴールデンチャイナ(康華)、インペリアル(華國)ホテルのいずれかのロビーにご集合(※集合ホテルは予定です)。
上記ホテルを巡回、混載車で公共シャトルバス乗り場へ。
公共シャトルバス(ご乗車までお並びいただきます)にて、十分へ(約1時間)。
十分を観光、天燈上げ体験。
放天燈祭会場へ。(放天燈祭での打ち上げはできません
第1回、第2回打ち上げまで鑑賞した後、シャトルバス(ご乗車まで約3~40分、お並びいただきます。通常、立ち席)にて、台北市内へ。
台北着後、バス停より混載車にて、各ホテルに送迎(21:30~22:30頃に到着見込)
 食事  朝:× 昼:× 夕:×
・冬場の天候は安定しており、過去に中止になったことはございませんが、万が一、大雨、強風の際には、中止となる場合がございます。当日、ホテル出発時点で中止が決定している場合には、以下の代替観光にご案内いたします(当日中止による返金対応はできません。ご了承ください)。
【中止の場合の代替観光】
 混載車にて、各ホテルを巡回、九份、野柳方面を観光後、夕方、台北へ。

・航空券、ホテル、その他の観光等も、別途承ります。ご相談ください。

「十分」の天燈の歴史

台湾おすすめ 十分 天燈上げ 台北の東に向かって車で約1時間ほどにある、静かな山里、平渓の「十分」。
 普段から、観光客向けに、天燈上げができるようになっており、地元台湾の観光客にも人気のスポット。天燈は1.5m程の気球状のランタンで、下の火種に火をつけて飛ばします。

 この十分での天燈は、そもそも年末年始の時期に増える盗賊から身を避けるため山に逃げていた村民に、家の番をしていた使用人たちが、小正月を過ぎた頃、安全を知らせるために飛ばしていたと言われています。それが、やがて小正月の行事として、この地に定着していきました。

 この天燈を有名にしたのは、十分に住む胡民樹さん。小さい頃から天燈作りに興味をもち、創意工夫を重ねていったそうです。昔は今の半分程度の大きさだったそうですが、やがては今の大きさのものが飛ばせるようになりました。
 1993年、胡さんは、この地の天燈文化を残そうと有志を集め、小正月に100近い天燈を一斉に飛ばしました。
天燈の打ち上げ ところが、これがメディアの目に留まり、一躍、有名に。翌年の1994年には大勢の観光客が集まり、村の交通はマヒするほど、食事提供もできなくなってしまったそうです。
 以来、年々規模が拡大していきました。現在、平渓の天灯祭りは、観光局によって台湾三大ランタンフェスティバルの一つに指定され、台湾を代表する文化的行事となっています。

【 お断り】記載の現地ツアーでは、祭内での打ち上げはできません。また真下付近では見学できません。